メインイメージ

セサミンの効果で更年期障害も軽減できる

女性にとっての更年期障害は避けて通れないもの。
妊娠や出産の役目を終えた女性の生殖機能は50歳を過ぎる頃に閉経を迎えますが、卵巣機能の低下とともに卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンの分泌量は減少していきます。

この閉経前後の時期に、急激なホルモンバランスの変化から心身に不調がでてくるのが更年期障害です。
状態のひどい人になると日常生活に支障が出るほどの場合もあります。
主な症状は、めまいや耳鳴りや頭痛、顔の急なほてりや額を流れ落ちるほどの急な発汗、動悸、息切れ、関節や筋肉の痛みや生理不順などの身体的なもの、イライラや気分の落ち込み、情緒不安定、抑うつ状態といった精神的なものの両面があり、そのどちらも出る場合もあります。

婦人科の受診では生活習慣の改善指導や、漢方薬の処方などホルモンバランスを整えるための治療や指導がされますが、自分でできる更年期障害対策としてセサミンが効果があります。
セサミンには強い抗酸化作用があり衰えてきた細胞を活性化させる力がとても期待できるのです。

常に体内で発生し続ける活性酵素に対抗し、細胞の若々しさを維持させる作用があるセサミンはアンチエイジングだけでなく、更年期障害のさまざまな不快症状に悩んでいる人にも症状の改善や緩和にとても役立つものなのです。

普段の食事でゴマをたくさん使うようにすることもた大切ですが、効率よくセサミンを摂取したい場合はサプリメントがおすすめです。

トップに戻る