メインイメージ

セサミンの肝臓への働きかけ

ゴマに多く含まれている成分として知られている、セサミン。
摂取することで、様々な健康効果を得ることが出来ると、サプリメントも多く販売されていますが…
そんなセサミンが最も注目すべき健康効果や、肝臓に与える健康効果です。
セサミンは、肝臓にどのような健康効果を与えるのか?
セサミンがどうして肝臓に良いかと合わせてご説明します。

セサミンが肝臓に与える健康効果とは?
肝臓に良いとされているセサミン。
具体的には、セサミンを摂取するとこのようなパワーを得ることが出来ます。

・細胞を活性化させ、肝機能を修復
セサミンは体内に入ることで、細胞を活性化させ、内臓機能を修復させる働きが期待できます。
特に肝臓は、セサミンが直接届く場所なので、内臓の中でも最も修復が早い箇所と言えるでしょう。
普段からお酒をよく飲むという方など、肝臓に負担がかかる生活を送っている方には…
ぜひとも、日頃から摂取をすることをオススメします。

・アルコールを素早く分解し、肝臓にかかる負担を減らす
セサミンは、アルコールを素早く分解、排出を促す効果がある為…
肝臓に必要以上の負担をかけずに、お酒を体内から排出することが出来ます。
また、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを素早く排出させる働きも期待できますので…
日頃から二日酔いが辛いという方にも、オススメの成分と言えます。

●セサミンは直接肝臓にアタックをする!
セサミンは、なぜこのように肝臓に良い効果をもたらしてくれるのか?
それはセサミンが持つ、胃液で分解されないという特徴が一つの理由としてあげられます。
セサミンは胃液で分解されない為、胃腸からは吸収されません。
セサミンの機能をしっかりと残したまま、門脈から吸収されるのです。
門脈から吸収されたセサミンは、直接肝臓へアタック!
直接アタックをかけるからこそ、上記のような、肝臓への健康効果を得ることが出来ます。
お酒を飲むことが多い方等は特に、セサミンの摂取がおすすめですよ。

トップに戻る