メインイメージ

子どものセサミン摂取。
注意点

セサミンには動脈硬化、生活習慣病や老化の原因になる活性酸素を抑える強い抗酸化作用があります。

また、更年期障害やアンチエイジングにも効果があると言われています。
セサミンはゴマや麦に含まれている成分です。
栄養豊富な食材として、古くから肉や魚を摂取しない修業中の僧侶の滋養食としても使われています。
セサミンの効果を実感するには、毎日継続して摂取をするのが望ましいです。
ゴマにはセサミンが含まれているといっても毎日3000粒もの量が必要です。

小さなゴマでも3000粒を毎日続けるのは大変かもしれません。
一番手軽に摂取できるのがサプリメントです。
サプリメントは「健康食品」なので副作用の心配も殆どなく大変便利なのですが、サプリメントの種類によっては15歳以上から服用と記載されているものもあります。
子どものセサミン摂取はゴマを使った料理を積極的に取り入れてみましょう。

ゴマには成長期の子どもに積極的に摂取したいカルシウムとマグネシウム、ビタミンB群、鉄分、たんぱく質を豊富に含んでいます。
ゴマは消化が悪く、そのまま食べても吸収せずに排出されてしまいます。
料理に使う際のポイントはすりゴマや練りゴマを活用することです。
しかし、アレルゲンでもあるので赤ちゃんに与える際は注意が必要です。

離乳食で与える場合は後期から少しずつ始めてみましょう。
ゴマは栄養豊富な食材ですが、カロリーも高いです。
バランスの良い食事を心がけましょう。

トップに戻る